弊社代表が近未来労働環境デザイン拠点「WE-Design コンソーシアム_第4回セミナー」で講演いたしました

名古屋市立大学が中心となって構成している近未来労働環境デザイン拠点では「人間工学と最先端デザインの融合により、労働の中に人を元気にする仕組みが埋め込まれた社会の実現」をビジョンとして活動。弊社は「ポストコロナ社会の労働者・運動機能向上のための機器デザイン開発と健康な心身状態を観る技術開発」の研究者として参画しております。

その活動の一環で、2021年4月24日に『WE-Design コンソーシアム 第4回 セミナー 名市大-JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)フォローアップワークショップ』がオンライン形式で開催され、弊社代表の森が講演させていただきました。
ワークショップでは今後の労働のあり方を模索するための参考事例として、弊社のビジョンを元に様々な働き方改革を創業から現在に至るまでの取り組みをご紹介いたしました。